Shimizukazuhiro.Com

...IT Biz Social NetworkITビジネス交流ネットワーク

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home BUSINESS HINT! アーカイブs 2018年10月BUSINESS HINT!情報(開催終了いたしました)

2018年10月BUSINESS HINT!情報(開催終了いたしました)

印刷

 

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

~第199回「IT BIZ SOCIAL NET」セミナー~
◆◆ BUSINESS HINT! ◆◆

「データ活用で新たな価値設計」
~VRソリューション, "東ロボ"/ AI, スマートアパレル~

< 10月25日(木)6:15p.m@市ヶ谷・SEMIジャパン >

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


2018年10月25日(木)に実施する第199回BUSINESS HINT! セミナーについて、ご案内いたします。
当日は、企業・団体プレゼンテーションとして、
(1) 中国Idealens Technology(アイデアレンズ・テクノロジー)社製品の日本における独占販売やマーケティング、プラットフォームの運営管理をしている(株)VR Japan
(2) 人工知能(AI)の基礎研究にも取り組み、その一環として国立情報学研究所(NII)のAIプロジェクト「ロボットは東大に入れるかに共同参画した日本電信電話(株) NTTコミュニケーション科学基礎研究所
(3) 伸縮性回路を布上に形成する技術を活用し、居心地の良さにこだわったスマートアパレル"e-skin"を開発・事業化している東大発ベンチャー (株)Xenoma(ゼノマ)
――が登場します。
ICT、IoT、AI、アプリ開発、コンテンツ、ゲーム、新規事業開発、マーケティングなどにかかわる方にお勧めです。最新動向の把握だけでなく、新たなビジネスパートナーとの出会い、事業開発やマーケティングにお役立てください。


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
企業・団体プレゼンテーション
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

■ (株)VR Japan(https://www.vr-japan.co.jp/):
TV・映像、Web、広告・出版などのクリエイター・エージェンシーであるクリーク・アンド・リバー(C&R)の子会社でVR関連事業を手掛ける。中国Idealens Technology(アイデアレンズ・テクノロジー)社製品の日本における独占販売やマーケティング、プラットフォームの運営管理、さらにVR/AR/MRでも必要となる遅延の少ない遠隔通信システムの提供をしている。
一体型VR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「IDEALENS K2+」は、PCなどの機器に接続しない充電式のワイヤレス設計で、2.5K相当の高精細な映像が長時間連続で楽しめるVR専用機。本体約295gと軽量で装着が簡単な、スタンドアロン型。
誰もが簡単に扱える操作性と多彩なコンテンツとアフターフォロー対応からビジネス向けに特化し、「ハウステンボス」などのアミューズメント施設や世界文化遺産の「官営八幡製鐵所 旧本事務所」眺望スペースのVR体験をはじめ、さまざまな用途・場面で導入が広がっている。

<プレゼンター>
製品評価・調達&事業開発  ディレクター  本部長   落合 敏彦 氏


■ 日本電信電話(株) NTTコミュニケーション科学基礎研究所(http://www.kecl.ntt.co.jp/):
「情報」と「人間」を結ぶ新たな技術基盤の構築に向けて、情報科学と人間科学の両面から、国内外の主要大学、研究機関とも協力しながら、新サービスにつながる革新技術の研究開発を続けている。その中で人工知能(AI)の基礎研究にも取り組み、その活動に一環として、国立情報学研究所(NII)のAIプロジェクト「ロボットは東大に入れるか」(東ロボ)に英語を対象とした共同研究に参画。NTTで長年培われてきた言語処理技術、知識処理技術を活用することで、平均点を超える好成績を達成した。
5年にわたり大学入試に挑んできた人工知能プロジェクト東ロボプロジェクトはMARCHレベルの大学に合格できるまでの学力を実現しながら、同時に現在のAIの限界を明らかにした。 果たしてAIは人間を超えるのか? 東大出版会からの新刊『人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」: 第三次AIブームの到達点と限界』の紹介をしながら、同プロジェクトの概要と経緯・結果を紹介するとともに、現時点におけるAIの到達点と課題について説明する予定。
東中竜一郎氏は、音声エージェントやAIなどの研究開発で、情報処理学会喜安記念業績賞、通信文化協会第59回前島密賞、人工知能学会現場イノベーション賞(銀賞)、平成28年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰(開発部門)などを受賞している。

<プレゼンター>
メディアインテリジェンス研究所 兼 コミュニケーション科学基礎研究所
上席特別研究員   東中 竜一郎 氏


■ (株)Xenoma(https://xenoma.com/):
東京大学・染谷隆夫研究室からのスピンオフベンチャーとして、2015年11月に創業。
染谷研究室で開発された「伸縮性エレクトロニクス」をベースに、"Printed Circuit Fabric"(電子回路布)と呼ばれる、伸縮性回路を布上に形成する技術を活用したスマートアパレル"e-skin"を開発・事業化。
e-skinは、衣服のような着心地の良さでありながら、ユーザーの動きをトラッキングでき、何回も洗濯ができる。14個の伸縮センサーが搭載されていて、Hubには加速度計、ジャイロセンサー、6軸のモーションセンサーを装備。Bluetooth経由でスマホやPCにデータの取り込みが可能。衣服の変形を人間の動きと捉えて、ゲームのコントローラーとして使ったり、人の動きを後から解析することもできる。
ドイツのファッションデザイナーであり、紳士服の高級ファッションブランドであるHUGO BOSS(ヒューゴ・ボス)とゴルフのスイング解析をするスーツの共同開発プロジェクトや、ドイツの大学病院と共同でe-skin Pajamaを使った認知症患者のモニタリング機器としての開発も進めている。

<プレゼンター>
代表取締役CEO   網盛 一郎 氏


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
★ BUSINESS HINT! 10/25(木)の概要
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●名称:“第199回BUSINESS HINT! 10/25セミナー”

●テーマ:「データ活用で新たな価値設計」
~VRソリューション, "東ロボ"/ AI, スマートアパレル~

●日時:2018年10月25日(木)
午後5時45分開場、6時15分開始 9時10分終了予定
(会場の都合で、いつもより15分遅い開始となります。)

●主催:(有)清水メディア戦略研究所
ITビジネス交流ネットワーク事務局
(〒 161-0033 東京都新宿区下落合 1丁目 8-14-906
Tel.090-8500-0548 , 03-3361-6930 Fax.03-6908-9163 )

●会場:SEMIジャパン セミナールーム
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-15 JPR市ヶ谷ビル7F
(JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分, 1階はSMBC日興証券)
Tel: 03-3222-5755   Fax: 03-3222-5757

●案内地図のサイト:http://www.semi.org/jp/node/66226

●参加費: 一般・一般会員 8000円、 正会員 7000円

●お支払い:会費は、当日会場内の受付でお支払いください。領収書を発行します。銀行振込ご希望の方は予めお知らせ下さい。銀行振込では8%の消費税が加算されます。

●お申し込み:会社・団体名、氏名、所属・職位、電話、メールアドレスをご記入の上、電子メールでお申し込みください。

●申し込みおよび質問先メールアドレス: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
★ 当日の予定(諸事情によりスケジュールを一部変更することもございます)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

5:45 開場,6:15 開始
6:15-6:20(5分) 挨拶・最新トピックス


<企業・団体プレゼンテーション>
6:20-7:00(40分)
「コードレス一体型VR型 HMD"IDEALENS"シリーズの実用性と導入事例」
(株)VR Japan   製品評価・調達&事業開発
ディレクター  本部長   落合 敏彦 氏

7:05-7:45(40分)
「人工知能プロジェクト"ロボットは東大に入れるか" ~第三次AIブームの到達点と限界」
日本電信電話(株)   NTTコミュニケーション科学基礎研究所
メディアインテリジェンス研究所 兼 コミュニケーション科学基礎研究所
上席特別研究員   東中 竜一郎 氏

7:50-8:30(40分)
「次世代スマートアパレル"e-skin"の応用事例と新たな可能性」
(株)Xenoma   代表取締役CEO   網盛 一郎 氏

8:35-9:10  <名刺交換&ネットワーキング(交流)>



●BUSINESS HINT!には、割引特典やコンテンツビジネスとオンラインサービスの最新動向とその捉え方をまとめた会員レポートMedia Strategy(旬刊・メール発刊)が受けられる年会費4万円の正会員のほか、年間の参加費一括払いの通年プレミアム正会員(1人10万円, 2人15万円, 3人20万円)の会員制もございます。

 

ThinkCurveをフォローしましょう