MENU

~第201回「IT BIZ SOCIAL NET」セミナー~
◆◆ BUSINESS HINT! ◆◆
「時代を変革する新たな挑戦」
~プログラミング, 3D VR, ヘルスケア, eSports~
< 12月20日(木)6:00p.m@市ヶ谷・SEMIジャパン >


2018年12月20日(木)に実施する第201回BUSINESS HINT! セミナーについて、ご案内いたします。
当日は、企業・団体プレゼンテーションとして、

  1. プログラミングの可能性と楽しさを万人に伝えるために、ビジュアルプログラミング言語「ビスケット(Viscuit)」の普及に努めている合同会社デジタルポケット
  2. 3D映像、VR/ARといった先端映像メディアに関わるコンテンツ制作、研究開発、コンサルテーションを手がける (株)リ・インベンション
  3. ヘルスケアアプリ「HEALTHPLAYER」やヘルスケアソフト開発キット「HEALTHPLAYER SDK」などを開発・提供し、ヘルスケアソリューション事業を手掛ける(株)プラクテックス<Practechs>
  4. 東京・池袋に都内最大級のeスポーツを楽しむための施設「LFS 池袋 esports Arena」(24時間営業)をオープンした(株)サードウェーブ

――が登場します。

ICT、IoT、VR/AR、eSports、ヘルスケア、プログラミング教育、ゲーム、新規事業開発、マーケティングなどにかかわる方にお勧めです。最新動向の把握だけでなく、新たなビジネスパートナーとの出会い、事業開発やマーケティングにお役立てください。

企業プレゼンテーション

■ 合同会社デジタルポケット(http://www.digitalpocket.org/):

プログラミングの可能性と楽しさを万人に伝えるために、ビジュアルプログラミング言語「ビスケット(Viscuit)」(https://www.viscuit.com/)の普及に努めている。ビスケットは4歳から使えるツールとして広がってきているが、実は大人でも楽しめる奥深いものであることが最近の実践で分かってきた。

プログラムの単位「メガネ」を、実に何百個と増やすことで他のプログラミングツールと遜色ない複雑な物が作れることが分かった。従来のプログラミングが難しいスキルを覚えて階段を一気に登るのに対して、ビスケットでは単純なメガネの仕組みを覚えたのちは,それを時間をかけて積み上げて高く登ってゆく。これによっていままでプログラミングが苦手だった人たちにもプログラミングの可能性と楽しさを伝えることができるのである。

プレゼンターの原田氏は、1992年北海道大学大学院情報工学専修了、1992年~2015年まで日本電信電話株式会社 NTT基礎研究所、NTTコミュニケーション科学基礎研究所。1998年-2001年JSTさきがけ研究員、2004年~2006年および2010年と2013年IPA未踏ソフトウェア創造事業プロジェクトマネージャ兼務。2015年にNTTを退職後、現職。

<プレゼンター>
代表社員  ビスケット開発者  博士(工学)   原田 康徳 氏

■ (株)リ・インベンション(http://re-invention.jp/):

2013年7月に沖縄に設立。首都圏と沖縄と中心に先端映像メディアコンテンツに関する事業を展開。とりわけ、3D映像、VRに関わるコンテンツ制作および、人間工学的な視点から、先端映像メディアの安全性、快適性に関わるコンサルテーションサービスには定評がある。

コンテンツ制作では、特に2Dから3D映像を制作する2D/3D変換技術を有し、劇場用映画をはじめとした国内外、数多くの作品の3D化も担当、最近は、360度映像の3D変換も手がける。近年は、360度3D映像撮影、簡易ビューワの開発、HTC VIVE、Oculus用のVRシステムの開発、関連分野のコンサルテーションといったVRに関わるトータルソリューションサービスを提供している。

本日は、日本食を先端映像メディアを活用して海外に向けてPRする「Washoku Dive」プロジェクトの事例について紹介する。本プロジェクトでは、HTC VIVEやCAVEシステムを活用した料亭体験VRシステムや日本料理人の“技”を360°空間の中で複数視点から視聴できるシステムの制作、運用を行った。この他、HMDを使用しない360度映像の活用事例や8KVRの制作やリアルタイム配信事例など、関連分野のビジネス応用事例についても紹介する。

<プレゼンター>
代表取締役  博士(国際情報通信学)
国際基督教大学  客員准教授   太田 啓路 氏

■ (株)プラクテックス<Practechs>(http://www.practechs.com/):

有限会社 NKIリサーチ社として設立され、2009年10月から現社名に。ヘルスケアソリューション事業を手掛ける。主な製品・サービスとして、ヘルスケアアプリケーション「HEALTHPLAYER」、ヘルスケアソフトウエア開発キット「HEALTHPLAYER SDK」、ヘルスケアCRM(customer relationship management)システム「HEALTHPLAYER for biz」がある。

このうちHEALTHPLAYERは、NFC/Bluetoothでスマートフォンと連携する各種のヘルスケア機器の測定データを、統合的に記録・管理できるスマートフォンアプリ。サポートしているヘルスケアデバイス(体組成計、活動量計、基礎体温計、血圧計)を使えば、 ワイヤレスでデータを転送・記録することが可能。エー・アンド・デイ(A&D)の活動量計と血圧計、タニタの体組成計、テルモの基礎体温計といった複数デバイス/ベンダーのデータをまとめて扱うことができる。

このアプリを開発キット化し、他社が利用できるようにしたのがHEALTHPLAYER SDK。ヘルスケア機器連携型のアプリやサービスを開発するに当たり、連携機能を一から実装する手間や開発コストを省くことができる。

当日は、ヘルスケア事業を通して学んだ貴重な体験談や技術的な問題と克服してきたノウハウなどについて説明する予定。

<プレゼンター>
代表取締役  CEO  ファウンダー   北川 和裕 氏

■ (株)サードウェーブ(http://info.twave.co.jp/):

パソコン専門店「ドスパラ」、デジタル雑貨ブランド「上海問屋」の運営はじめ、高性能ゲーミングPC「GALLERIA」、クリエイタ―向けPC「raytrek」、汎用PC「Diginnos」などを企画・製造する。2018年度から事業の新たな柱のひとつにeSports (eスポーツ)事業を据え、3年間で20億円の大規模投資をして、eSportsのエコシステムを構築する計画。

2018年4月には東京・池袋に都内最大級のeスポーツを楽しむための施設「LFS 池袋 esports Arena」(24時間営業)をオープン。最大100台のGALLERIA GAMEMASTERを設置し、計140型の大型ディスプレイを備えるステージを完備、Logicoolのゲーミングデバイス、DXRACERのゲーミングチェアを完備し、観客からの歓声などを軽減できる防音仕様の選手ブースを備え、実況配信設備もあり、eSports関連の大規模な大会やイベントなどにも対応できるゲームスペースになっている。11月8日には、毎日新聞社との共催でeSports大会「第1回全国高校eスポーツ選手権」の開催を正式発表し大きな話題を呼んだ。

プレゼンターの榎本氏は、日本IBMのPC事業部でAptivaシリーズの拡販に携わった後、Dell、日本エイサーといった外資系企業でPC販売事業の重要なポストを歴任。当日は、新たな文化にすることを掲げるeSportsの最新事情と将来展望などについて説明する予定。

<プレゼンター>
取締役副社長   榎本 一郎 氏

BUSINESS HINT! 12/20(木)の概要

  • 名称:“第201回BUSINESS HINT! 12/20セミナー”
  • テーマ:「時代を変革する新たな挑戦」
    ~プログラミング, 3D VR, ヘルスケア, eSports~
  • 日時:2018年12月20日(木)
    午後5時30分開場、6時00分開始 9時00分終了予定
  • 主催:(有)清水メディア戦略研究所
    ITビジネス交流ネットワーク事務局
    (〒 161-0033 東京都新宿区下落合 1丁目 8-14-906
    Tel.090-8500-0548 , 03-3361-6930 Fax.03-6908-9163 )
  • 会場:SEMIジャパン セミナールーム
    〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-15 JPR市ヶ谷ビル7F
    (JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分, 1階はSMBC日興証券)
    Tel: 03-3222-5755   Fax: 03-3222-5757
  • 案内地図のサイト:http://www.semi.org/jp/node/66226
  • 参加費: 一般・一般会員 8000円、 正会員 7000円
  • お支払い:会費は、当日会場内の受付でお支払いください。領収書を発行します。銀行振込ご希望の方は予めお知らせ下さい。銀行振込では8%の消費税が加算されます。
  • お申し込み:会社・団体名、氏名、所属・職位、電話、メールアドレスをご記入の上、電子メールでお申し込みください。
  • 申し込みおよび質問先メールアドレス: shimizu-media@chime.ocn.ne.jp

当日の予定(事情によりスケジュールを一部変更することもございます)

5:30 開場、6:00 開始
6:00-6:05(5分) 挨拶・最新トピックス

<企業・団体プレゼンテーション>
6:05-6:35(30分)
「ビスケットが目指すプログラミングの大衆化」
合同会社デジタルポケット  代表社員
ビスケット開発者  博士(工学)   原田 康徳 氏

6:40-7:10(30分)
「3D VRにかかわるビジネス応用事例と最新動向」
(株)リ・インベンション   代表取締役  博士(国際情報通信学)
国際基督教大学  客員准教授   太田 啓路 氏

7:15-7:45(30分)
「ヘルスケア事業における重要ポイントと課題~約10年の経験で分かったこと」
(株)プラクテックス <Practechs>
代表取締役  CEO  ファウンダー   北川 和裕 氏

7:50-8:20(30分)
「”新しい文化”になるeSportsの最新事情と将来展望」
(株)サードウェーブ   取締役副社長  榎本 一郎 氏

8:25-9:00  <名刺交換&ネットワーキング(交流)>


●BUSINESS HINT!には、割引特典やコンテンツビジネスとオンラインサービスの最新動向とその捉え方をまとめた会員レポートMedia Strategy(旬刊・メール発刊)が受けられる年会費4万円の正会員のほか、年間の参加費一括払いの通年プレミアム正会員(1人10万円, 2人15万円, 3人20万円)の会員制もございます。

PAGE TOP